くらし情報『古市憲寿「店で手指の消毒だけして…」 続く言葉に、共感の嵐!』

2020年7月9日 16:48

古市憲寿「店で手指の消毒だけして…」 続く言葉に、共感の嵐!

古市憲寿「店で手指の消毒だけして…」 続く言葉に、共感の嵐!

2020年1月に発生後、世界中で猛威を振るっている新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)により、私たちの生活は一変しました。

外出時のマスク着用や、店や施設に入る際に必ず消毒液を付けるなど、一人ひとりが感染対策を余儀なくされています。

社会学者の古市憲寿さんが、2020年7月9日にTwitterを更新。コロナウイルスのまん延後に感じた、自身の罪悪感について明かしました。


古市さんが投稿したのは、ショッピングの際に目当てのものがなく、何も購入せずに店を出る時に抱く罪悪感についてです。

「手指の消毒だけして、何も買わずに店を出ると、ささやかな罪悪感がある」とつぶやく古市さんに対し、ネット上では共感のコメントが寄せられました。

・コロナウイルス時代のあるあるだね。

・めっちゃ分かる。本当は要らないのに、なんとなく申し訳なくて商品を買っちゃう…。

・「消毒するために店に入ったのかよ」と思われたら嫌だなって、変に気をつかってしまう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.