くらし情報『もし原爆投下当時にSNSがあったら… 日記を元にした投稿に胸が締め付けられる』

2020年8月6日 14:38

もし原爆投下当時にSNSがあったら… 日記を元にした投稿に胸が締め付けられる

目次

・もし、広島の原爆投下時にSNSがあったら…
・中学1年生・シュンくん
・妊娠中の主婦・やすこさん
・新聞記者・一郎さん
・原爆投下当日の投稿も、リアルタイムで更新
※写真はイメージ

多くの人が戦い、心身が傷付けられたり命を奪われたりする戦争。2020年現在も、世界のどこかで戦いが繰り広げられています。

日本は第二次世界大戦で深い傷を負い、尊い多くの命を失いました。私たちは歴史から戦争の悲しさを学び、平和な日常を守らなくてはなりません。

第二次世界大戦末期である1945年には、広島県と長崎県に核兵器が投下。数日後に日本は終戦となりました。

もし、広島の原爆投下時にSNSがあったら…

1945年8月6日は、『原爆の日』です。今から75年前の8時15分、アメリカ軍が世界で初めて核兵器を使い、広島県に落としました。

NHKは、「もし、75年前にSNSがあったら…」というアイディアを元に、3つのTwitterアカウントを作成。

当時、広島市に住んでいた3人の日記を元に、『シュンくん』『やすこさん』『一郎さん』のツイートをリアルタイムで更新しています。

中学1年生・シュンくん

妊娠中の主婦・やすこさん

新聞記者・一郎さん

原爆投下当日の投稿も、リアルタイムで更新

広島県に原爆が投下された8時15分以降も、3人のアカウントはツイートを続けています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.