くらし情報『「お母さんはひたすら羨ましい」 息子の作文が『自己肯定』の塊だった』

2020年8月18日 18:09

「お母さんはひたすら羨ましい」 息子の作文が『自己肯定』の塊だった

「お母さんはひたすら羨ましい」 息子の作文が『自己肯定』の塊だった

自分を認め、尊重できる『自己肯定感』は大切なもの。

「自分には価値がある」と自然と思えれば、あらゆることに対して前向きになれそうですよね。

作文が自己肯定の塊

2児の母親である、多次元ライス(@himayome0627)さんは、息子さんの作文をTwitterで公開。

息子さんが書いた作文から自己肯定感の高さが伝わり、「ひたすらうらやましくなってしまった」といいます。

息子さんは、自分のことを天才でも特別でもない『普通な人』だと認識している様子。しかし、そんな自分に不足を感じることはありませんでした。

「お母さんはひたすら羨ましい」 息子の作文が『自己肯定』の塊だった

【普通】

僕は、何をやっても普通だ。

いいことでもないし悪いことでもない。

まさに普通だ。

なぜなら国語のテストをやっても

普通な点数だし、

算数のテストをやっても

普通な点数、

運動をやっても普通、

ゲームをしても普通、

だけどなぜか友達が多くて、

僕はなぜか

僕は普通のままでいいと思った。


息子さんは、普通な自分を全肯定!

変に力むこともなく、サラリと自分自身を受け入れています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.