くらし情報『二重跳びのコツは縄跳びの調整から 動画で動きを見ると「こう跳べばよかったのか」』

2020年8月21日 10:04

二重跳びのコツは縄跳びの調整から 動画で動きを見ると「こう跳べばよかったのか」

目次

・二重跳びのコツはまず縄跳び選びから適切な長さは?
・NG例
・二重跳びのコツを知ろう大人も子供も使える方法
・跳ぶ時の姿勢
・手の位置や回し方
・つま先を使う
・二重跳びのコツを動画でチェック「こう跳べばよかったのか!」
・なわとび ~二重とびまえ~
・2重跳びできちゃう講座
※写真はイメージ

学校の体育の授業にも取り入れられている縄跳び。

前跳び、交差跳び、後ろ跳びなど、さまざまな跳び方があります。その中でも難しいのが、二重跳びです。

挑戦したものの、跳べなかったという人も少なくないでしょう。

そんな二重跳びが跳べるようになる、大人も子供も使えるコツや動画などをご紹介します。

二重跳びのコツはまず縄跳び選びから適切な長さは?

二重跳びを行う前に、縄跳びを適切な長さに調整する必要があります。

まず、縄跳びを片足で踏んで、持ち手の部分を持ち上げましょう。

その時に、持ち手の位置がヘソからワキの間に入るくらいの長さが適切です。

二重跳びのコツを動画でチェック!大人も子供もできる縄跳びの選び方は?

それ以上や以下では縄跳びの長さが適切ではありません。ちょうどよい長さに調整しましょう。

NG例

二重跳びのコツを動画でチェック!大人も子供もできる縄跳びの選び方は?
二重跳びのコツを動画でチェック!大人も子供もできる縄跳びの選び方は?

また、縄跳びの持ち方も重要です。

持ち手の真ん中をグッと強く握るのではなく、柄の端の方に小指が来るくらいに持ちます。

二重跳びのコツを動画でチェック!大人も子供もできる縄跳びの選び方は?

親指は持ち手の上に立てるように置きましょう。

二重跳びのコツを動画でチェック!大人も子供もできる縄跳びの選び方は?

こうすることで手首を柔軟に使うことができるようになるそうです。

二重跳びのコツを知ろう大人も子供も使える方法

二重跳びのコツはいくつかあります。どれも大人も子供も関係なく使えるので、ぜひ試してみてください。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.