くらし情報『二重跳びのコツは縄跳びの調整から 動画で動きを見ると「こう跳べばよかったのか」』

2020年8月21日 10:04

二重跳びのコツは縄跳びの調整から 動画で動きを見ると「こう跳べばよかったのか」

跳ぶ時の姿勢

二重跳びに限らず、縄跳びをする時は背筋を伸ばして、まっすぐ前を見るようにしましょう。

二重跳びのコツを動画でチェック!大人も子供もできる縄跳びの選び方は?

※写真はイメージ

縄を回すことに集中しすぎて、ジャンプする時に身体が『くの字』に曲がってしまうと、跳びにくくなってしまいます。

手の位置や回し方

手は腰のあたりに持ってきて、手首を使って柔らかく縄跳びを回すといいようです。その時にワキは締めておくといいでしょう。反対に腕を使って大きく回したり、ワキが開いていたりすると縄跳びを早く回すことができなくなるため、二重跳びには不向きです。

つま先を使う

ジャンプする時は足全体で跳ぶのではなく、つま先を使うようなイメージで跳ぶとよいそうです。

ヒザは軽く曲がる程度にジャンプしましょう。

こうした二重跳びのコツを意識しながら、段階的に練習を重ねていきます。

二重跳びのコツを動画でチェック「こう跳べばよかったのか!」

スポーツクラブの『コナミスポーツクラブ』が、YouTubeチャンネルに二重跳びのコツを投稿。

実際に跳んでいる姿を見ると、よりコツがつかみやすくなります。ぜひ参考にしてみください。

なわとび ~二重とびまえ~


縄跳びを2周回すことを意識したり、高く跳ぶことを意識したりと段階的に難易度を上げることで、徐々に上達できるそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.