くらし情報『「もっと早く知りたかった」「ありがとう」 クウェートの復興支援が巨額すぎて反響』

2020年10月7日 16:20

「もっと早く知りたかった」「ありがとう」 クウェートの復興支援が巨額すぎて反響

「もっと早く知りたかった」「ありがとう」 クウェートの復興支援が巨額すぎて反響

2020年9月29日、産油国であるクウェートのサバーハ・アル・アハマド・アル・ジャービル・アル・サバーハ首長(以下、サバーハ首長)が、治療先のアメリカで逝去。91歳でした。

SNS上ではサバーハ首長と日本のつながりが話題となり、驚きと感謝の声が上がっています。

復興援助として原油を無償提供してくれたクウェート

訃報を受けて、菅義偉首相は談話を発表。哀悼の意とともに、次の事柄に対して深い感謝を表しています。

サバーハ首長殿下は、2012年の国賓としての訪日を始め、首長御就任前も含め計7回訪日され、2011年の東日本大震災を始め、我が国で大規模災害が発生した際には、寛大で温かい支援の手を我が国に差し伸べるなど、我が国との関係強化に格別な配慮を払われてきました。

首相官邸ーより引用

『日本クウェイト協会』によると、2011年3月11日に発生した東日本大震災に際し、サバーハ首長は復興援助として原油500万バレルを日本に無償提供するよう指示したとのこと。

日本の石油元売り会社が原油を受け入れ、その代金相当額である400億円を日本赤十字社に送金。ウェートからの復興支援金となったそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.