くらし情報『十五夜を見た人なら10月29日の月を見たほうがいい! その理由は…』

2020年10月29日 16:35

十五夜を見た人なら10月29日の月を見たほうがいい! その理由は…

※写真はイメージ

2020年10月29日は、十三夜。旧暦で9月13日にあたります。

十三夜は、十五夜とともに名月と称されています。昔から、十五夜と十三夜の「2つの月を見ると縁起がいい」といわれているのだとか。

十五夜と同じように、月見団子などを用意して過ごすのがいいそうです。

十五夜を見た人なら10月29日の月を見たほうがいい! その理由は…

※写真はイメージ

10月31日の満月は2020年でもっとも…

また、同月31日は満月。この満月、実は少し特別な満月なのです。

同年4月の満月は、2020年で最大の満月でした。対して、今回の満月は2020年で最小の満月になるそうです。

国立天文台によると、満月になるのは23時49分。

もし4月に満月を見ていた人は、大きさを比べてみてはいかがですか!

[文・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.