くらし情報『ミュージカル俳優の山崎育三郎 留学していた頃のエピソードに「鳥肌立った」「泣いた」の声』

2020年10月31日 18:57

ミュージカル俳優の山崎育三郎 留学していた頃のエピソードに「鳥肌立った」「泣いた」の声

みんながジロジロ見るんすよ。

「うわ!留学生だ!」っていう感じで。

アジア人が、2千人の生徒がいる中で僕1人だったんで。

それで、初めの頃は友達もいないし。だいたいトイレに隠れてました。

アナザースカイⅡーより引用

その後、トイレに逃げ込む生活が3か月ほど続いたといいます。

ダンスパーティで大胆な行動に!人生が変わった瞬間とは?

山崎さんが人目を避けながら学校生活を送っていたある日、学校主催のダンスパーティが食堂で行われました。

それを柱の陰から見ていたという山崎さん。

山崎さんは小学生の頃からミュージカルの主演を務めるなど、ダンスや歌には自信がありました。

そこで、みんなが楽しそうに躍る姿を見ながら、ある思いが頭をよぎったといいます。

それ(みんなが躍っている姿を)見ながら、「もし今俺が、あそこの真ん中で1人で踊ったら、明日から何か変わるんじゃないか」と思って。「よし!子役でミュージカルやってた」と。

「ここで行ってやろう!」と思って。

「うわー!」っていいながらみんなをかき分けて、センターにドンッて立ったんです。そしたらみんな、あ然として。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.