くらし情報『夢のメッセージは、誰にアドバイスされたのでもない、自分が自分に与えているアドバイス』

2020年11月8日 17:36

夢のメッセージは、誰にアドバイスされたのでもない、自分が自分に与えているアドバイス

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・『夢』のメッセージが教えてくれること
夢のメッセージは、誰にアドバイスされたのでもない、自分が自分に与えているアドバイス

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

『夢』のメッセージが教えてくれること

「夢は超意識からのメッセージである」

『眠れる預言者』『ホリスティック医学の父』と呼ばれたエドガー・ケイシーは夢についてこのように述べています。

また精神科医、心理学者であるカール・グスタフ・ユングは夢について、心の深いところから、その人の生き方そのものについて関わりのある、何か大切なことを告げてくるものである、と考えました。

夢のメッセージは、誰にアドバイスされたのでもない、自分が自分に与えているアドバイス

今朝見た夢には意味があるのだろうか。ストーリー、場面をありありと覚えている夢を見ることがあります。夢の中の怖さや悲しみや驚きなどの感覚が妙にリアルで、何度でもリフレインして味わえるような夢もあります。

大抵の場合、現実にはありえないような奇妙な展開を見せます。そんな夢について(きっと疲れていたからこんな夢を見たのだ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.