くらし情報『駅で発作を起こし、うずくまっていた女性 続く展開に「涙が出た」』

2020年11月4日 18:36

駅で発作を起こし、うずくまっていた女性 続く展開に「涙が出た」

駅で発作を起こし、うずくまっていた女性 続く展開に「涙が出た」

2012年から配布が開始された『ヘルプマーク』。赤色の本体には、十字マークとハートマークが描かれています。

難病や内部障害など、外見からは分からない疾患を持っている人が身に着けており、配慮や援助を視覚的に伝える役割があるのです。

駅で発作を起こし、うずくまっていた女性 続く展開に「涙が出た」

※写真はイメージ

外見で分からない疾患は、初対面の人に理解されづらいもの。内部疾患を持つ人が「優先席に座っていたら怒られた」という体験談も少なくありません。

ヘルプマークの利用者である女性の投稿が、Twitterで話題になっています。

持病の発作が起こり、駅でうずくまっていると…

エピソードを投稿したのは、強いめまいや難聴、耳鳴りなどの発作が起きる『メニエール病』を患っている、髙原 梓(@azujackie)さん。

ヘルプマークの利用者の多くは、裏面に白紙のシールを貼るなどして、病名や対処法、緊急連絡先などを記載しています。

投稿者さんも発作が起きた時に備えて、ヘルプマークの裏面にはこのようにメモを貼っていました。

駅で発作を起こし、うずくまっていた女性 続く展開に「涙が出た」

2020年11月1日、東京都新宿区の新大久保駅にいたところ、投稿者さんは発作を起こしてしまったといいます。

気分が悪くなり、その場でうずくまっていた投稿者さん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.