くらし情報『『きつねうどん』を食べた園児に食中毒症状 原因に「まさか」「知らなかった」の声』

2020年11月17日 11:43

『きつねうどん』を食べた園児に食中毒症状 原因に「まさか」「知らなかった」の声

※写真はイメージ

2020年11月16日、東京都福祉保健局は墨田区内の保育園で給食を食べた園児28人に、腕や顔に発疹などの症状が出たと発表。

同園では同月11日の昼に『きつねうどん』の給食を提供していました。

都の報告によると、墨田区保健所がきつねうどんのスープから検出された化学物質『ヒスタミン』による食中毒と断定したそうです。

産経ニュースは、食中毒が発生した原因について次のように報じています。

給食の調理業者が、ヒスタミンが入っていた市販のだしパックをメーカーによって定められた調理法よりも長く煮て、抽出された可能性があるとみている。

都によると、ヒスタミンは赤身魚などで繁殖する菌によって生成されるといい、使用済みのだしパックから微量が検出された。

だしパックのメーカーは煮る時間を10分間としていたが、給食の調理業者は45分間煮ていた。都は「記載されている用法を守ってほしい」と呼びかけている。

産経ニュースーより引用

発疹などの症状の出た園児28人は、いずれも軽症とのこと。症状は1時間ほどで収まったそうです。

ネット上では、このニュースにさまざまな声が相次ぎました。

・だしパックの煮すぎがだめなんて、知らなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.