くらし情報『デヴィ夫人、59歳年下の『親友』とは? おそろいのパジャマなど、仲のよさに「癒される」』

2020年12月2日 15:28

デヴィ夫人、59歳年下の『親友』とは? おそろいのパジャマなど、仲のよさに「癒される」

目次

・デヴィ夫人の熱狂的なファンから同居人に
・同居生活のきっかけは?
デヴィ夫人、59歳年下の『親友』とは? おそろいのパジャマなど、仲のよさに「癒される」

2020年12月1日放送の、情報番組『情報ライブ ミヤネ屋』(日本テレビ系)に、タレントの『デヴィ夫人』ことデヴィ・スカルノさんと、21歳の女子大学生が出演。2人は2019年4月から同居していると明かしました。

デヴィ夫人と暮らしている女性は、大学生ながらプロの口笛奏者でもあり、14歳の時には口笛の世界大会で優勝したことがあるほどの実力者なのだそうです。

デヴィ夫人の熱狂的なファンから同居人に

女性は中学生の頃から、デヴィ夫人の熱狂的なファンで、本人に会うことを目標に生きてきたのだとか。

高校生になった女性は、インターネットを駆使してデヴィ夫人の交友関係を調べ上げ、その友人たちに「夫人に会わせてほしい」とお願いして回りました。

その後、デヴィ夫人の友人を介して、本人に会う機会をもらった女性。

デヴィ夫人に対して、ファンであることを猛アピールし、さらに特技の口笛を披露しました。

口笛を聞いたデヴィ夫人は「才能がある」と絶賛。女性は、デヴィ夫人のハートをつかむことに成功したのです。

その後、デヴィ夫人と女性は行動をともにする機会が増え、親交を深めていったといいます。

同居生活のきっかけは?

大学生になった女性は、茨城県から東京都内の大学まで毎日片道3時間かけて通学していました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.