くらし情報『加藤浩次、クレーマーをバッサリ! 「惚れそうになった」「よくいってくれた」の声』

2020年12月7日 12:10

加藤浩次、クレーマーをバッサリ! 「惚れそうになった」「よくいってくれた」の声

加藤浩次、クレーマーをバッサリ! 「惚れそうになった」「よくいってくれた」の声

2020年12月7日に放送された、情報番組『スッキリ』(日本テレビ系)では、新型コロナウイルス感染症(以下、コロナウイルス)によって従業員へのクレームが増えたことを取り上げました。

従業員に暴言などを吐く、『カスタマーハラスメント(通称カスハラ)』は、スーパーマーケットやドラッグストアで増えているといいます。

加藤浩次、クレーマーをバッサリ! 「惚れそうになった」「よくいってくれた」の声

※写真はイメージ

コロナ禍で増えたカスハラは大きく分けて2つです。

1つは、レジ前のビニールシートなどにクレームをつける、感染対策に対していら立ちをぶつけるカスハラ。もう1つは、レジで「商品を汚い手で触るんじゃねえ」と怒鳴られるなどの、コロナウイルスへの過剰な不安から来るカスハラです。

街頭インタビューでも、接客業をしている人たちから実際に「理不尽なクレームが増えた」という声が上がっていました。

加藤浩次「クレーマーは従業員を自分より下だと思ってる」

この件に対し、コメンテーターで俳優の小澤征悦さんは、「自分勝手な人間としか思えない。自分はコロナウイルスにはかからないと思っているんじゃないですか」とコメント。

スタジオでは、説得しても伝わらない人たちなのではないかという声が上がりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.