くらし情報『皮まで食べたい!リンゴのおもしろ飾り切りを紹介』

2020年12月22日 04:30

皮まで食べたい!リンゴのおもしろ飾り切りを紹介

皮まで食べたい!リンゴのおもしろ飾り切りを紹介

「リンゴの皮にある栄養まで丸ごと食べよう!」と考えると、まずはウサギリンゴが思いつきます。さらに細かな作業をすれば、格子柄にもなりますね。

今回はさらにひと工夫でかわいさもプラス。

りんごとマシュマロでファンキーなクチビルを作ってみました。アメリカではハロウィンパーティなどでも登場するカット方法です。

作り方とコツ

皮まで食べたい!リンゴのおもしろ飾り切りを紹介

今回使用したのは『シナノスイート』。鮮やかな赤味のリンゴを選ぶと、よりファンキーな仕上がりになるでしょう。紅玉もおすすめです。

皮まで食べたい!リンゴのおもしろ飾り切りを紹介

早速リンゴをカットします。大きめのリンゴなら8等分、小さめのリンゴであれば6等分にするとマシュマロが挟みやすいです。

変色を防ぐために薄い食塩水につけたら、マシュマロ を挟みます。ここでポイントとなるのが、水気を拭き取ること。キッチンペーパーなどを使い入念に水気をなくしましょう。

リンゴの隙間にマシュマロをつめます。これが意外と難しい…端になればなるほど、マシュマロを小さく潰して詰めました。

アメリカでは、マシュマロがずれないようにピーナッツバターを塗るのだとか…。

皮まで食べたい!リンゴのおもしろ飾り切りを紹介

これでリンゴのクチビルは完成です。お弁当箱を開けたらこのリンゴが入っていたら、インパクトがありますね!

ぜひお試しください。

[文/AnyMama(エニママ)・構成/grape編集部]

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.