くらし情報『滋賀県民の『脅し文句』に西川貴教が言及 「そうだそうだ!」「さすがは国王」の声』

2021年1月16日 17:41

滋賀県民の『脅し文句』に西川貴教が言及 「そうだそうだ!」「さすがは国王」の声

滋賀県民の『脅し文句』に西川貴教が言及 「そうだそうだ!」「さすがは国王」の声

日本でもっとも大きな湖として知られる、琵琶湖。

周辺に多くの生き物が生息しているだけでなく、琵琶湖の水はたくさんの人の生活を支えています。まさに命の源といえるでしょう。

滋賀県民の『脅し文句』に西川貴教が言及 「そうだそうだ!」「さすがは国王」の声

※写真はイメージ

そのため、琵琶湖のある滋賀県ではこういった持ちネタがあるのだとか。

「琵琶湖の水、止めたろか!」

滋賀県民が大阪府や京都府の人に怒る際、ジョークで使われるこの言葉。

近畿地方に住む人たちにとって、これほど恐ろしい脅し文句はありません。

「琵琶湖の水止めたろか!」に、滋賀県出身の西川貴教が…?

2021年1月14日に放送されたバラエティ番組『秘密のケンミンSHOW極』(日本テレビ系)では、『超関西祭り2021』と題し、関西圏にまつわるいろいろな豆知識やエピソードを紹介しました。

同番組では、有名な「琵琶湖の水、止めたろか!」についても紹介。番組放送後、ネットではこの言葉が再び話題となりました。

翌15日、アーティストであり、滋賀県出身の西川貴教さんが愛する故郷についてTwitterに投稿。その内容に、滋賀県民から共感する声が寄せられています。


「琵琶湖の重要性は滋賀県民が一番よく理解しているため、そんなことはいわない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.