くらし情報『落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点』

2021年1月31日 11:11

落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・落ちこみの際で止まる
落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

落ちこみの際で止まる

先日ちょっとショックなことがあり、久しぶりに落ち込みました。これまで何度も落ち込みを経験しているので、(あー、こうしていると落ち込むなあ)と、モヤモヤした心の片隅で思っています。

モヤモヤとしている自分と、それを眺めている自分。二人の自分が心の中でせめぎあっています。

精神状態としては混沌としているのですが、眺めている自分がいることで落ち込みのどん底に落ちずに済んでいる……という感がしています。

落ち込んだときに大切なのは、落ち込んでいる自分を眺める視点

ショックなことがある。それは人からの批判かもしれないし、仕事や人間関係のことかもしれません。自分自身のことが嫌になることもあるし、大切なものを失うこともあります。

何かそんなきっかけは……爆弾を落とされたような、心の中で何かが粉々に割れてしまったような、そんな混乱があります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.