くらし情報『自宅で切り花を楽しむには? プロから聞いた『育て方のコツ』が、ためになる』

2021年2月13日 18:04

自宅で切り花を楽しむには? プロから聞いた『育て方のコツ』が、ためになる

漆原店長に尋ねると…。

自分が個人的にオススメなのは、水の汚れが分かるクリアな見た目の花瓶だね。材質については好みの問題。

入れ物によって花の日持ちが変わるってことは、ないから。

花瓶の材質やサイズで花が長持ちしたり、逆に短命になったりすることはないのだとか!

鹿児島出身で、自宅に焼酎の一升瓶を常備している筆者が「飲み終えた焼酎の瓶に花を飾るのはアリ?」と尋ねてみると…。

まったく問題なし!

なんと、水を入れられるものであれば、缶やペットボトルなど、本来は花瓶ではないものを使用しても問題ないのだそうです。

漆原店長は「ただ、浅いものよりは深い花瓶のほうが、水揚げがいいよ」といいます。水揚げとは、茎を通して、再び花が水を吸収しやすくなるように、手助けをすること。

花によって水揚げの方法は異なりますが、今回のチューリップに使うのは、もっともポピュラーな『水切り』というやり方だといいます。

水切りとは、茎の下部分を1㎝程度カットして、花の水を吸い上げる力をうながすことです。水切りを行う際の、ポイントは以下の通り。

1:水の中で切る。

2:茎の表面がつぶれないように、スパッと勢いよく切る。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.