くらし情報『飼育員が書いた『貼り紙』 ちょっとしたミスで子供たちが…?』

2021年2月28日 12:32

飼育員が書いた『貼り紙』 ちょっとしたミスで子供たちが…?

飼育員が書いた『貼り紙』 ちょっとしたミスで子供たちが…?

動物園の動物たちには、愛着がわくようなかわいらしい名前がつけられていることが多いです。

切り紙パパ(@PKirigami)さんが、Twitterへ投稿した動物園のエピソードをご紹介します。

ロバを違う名前で呼ぶ子供たちそのワケとは?

投稿者さんが、『ハル』という名前のロバの柵の前を通りかかった時のこと。

柵の前にいる子供たちは、なぜか『ハル』ではなく、「コバヤシー!」と呼びながらロバの頭をなでていたそうです。

「このロバって、ハルって名前だよな…」と不思議に思う投稿者さん。

すると、1枚の貼り紙の内容を読んで納得したといいます。その理由がこちらです!

飼育員が書いた『貼り紙』 ちょっとしたミスで子供たちが…?


飼育員が書いた『貼り紙』 ちょっとしたミスで子供たちが…?



貼り紙には、飼育員のコバヤシさんが書いたロバの解説が。

右下を見てみると、「コバヤシ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.