くらし情報『自分の可能性を広げる意味でも、見識を広める意味でも、目を転じてみよう』

2021年5月16日 13:09

自分の可能性を広げる意味でも、見識を広める意味でも、目を転じてみよう

目次

・吉元由美の『ひと・もの・こと』
・そこは坂道だった〜小さな発見の大きな気づき
自分の可能性を広げる意味でも、見識を広める意味でも、目を転じてみよう

吉元由美の『ひと・もの・こと』

作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。

たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会った気になる物から愛用品、そして日常話から気になる時事ニュースなど…さまざまな『ひと・もの・こと』に関するトピックを吉元流でお届けします。

そこは坂道だった〜小さな発見の大きな気づき

駅前の銀行に行こうと、信号待ちをしている時のことでした。その小さな交差点は5叉路になっていて、横断歩道から続く道は狭い道です。郵便局がその先にあるので、これまで何度となく歩いた道でした。

信号が変わるのを待っているとき、ハッと気づいたのです。目の前の狭い道は、緩やかな坂道でした。緩やかなので気づかなかったとは言え、この交差点で何度も信号待ちをしています。

この街に住んで30年、そこが坂道だったことにも驚きましたが、今になって気づいたことに驚きました。

自分の可能性を広げる意味でも、見識を広める意味でも、目を転じてみよう

「人間ならば誰にでも、現実の全てが見えるわけではない。多くの人たちは、見たいと欲する現実しか見ていない」

ユリウス・カエサルの言葉です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.