くらし情報『帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙』

2021年7月4日 13:43

帝王切開で娘を出産した女性 小学生の頃にもらった『母親からの手紙』に、涙

HITOMIさんの母親は、数々の奇跡と、多くの人々が懸命に命をつないだことで、HITOMIさんが産まれてきたことを、手紙に書いていたのです。

ひとみ、あなたは本当に運の強い子だと思いました。

仮死未熟児として産まれてから、その後約1年半、心臓、脳、目などのいろいろな検査をして、異常がないか、調べてもらいました。

多くの先生方にお世話になりました。そして、本当に嬉しいことにどこにも異常がなく、元気いっぱいに育ちました。

それが、今のあなたです。

ひとみ、これだけは忘れないでほしい。

あなたは本当に周りの多くの人たちに助けられたのだということを。お母さんも、あなたも、これからも感謝の気持ちを忘れないようにしようね。

4枚にわたる、出産時のエピソードを明かした手紙の最後には、「たくさんの人に助けられたことに対する感謝の気持ちを忘れないでほしい」という母親からの願いがつづられていました。一連のエピソードに対し、ネット上ではさまざまなコメントが寄せられています。

・手紙を読んで号泣しました。出産は本当に奇跡ですね。

・素敵なお母様ですね。命がけで産んでくれたことが伝わって、心が温かくなりました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.