くらし情報『週刊誌に子供を盗撮された、福山雅治 我慢の限界を迎えた訴えに「勇気ある発言」の声』

2021年7月11日 18:30

週刊誌に子供を盗撮された、福山雅治 我慢の限界を迎えた訴えに「勇気ある発言」の声

週刊誌に子供を盗撮された、福山雅治 我慢の限界を迎えた訴えに「勇気ある発言」の声

2021年7月10日、歌手の福山雅治さんの看板番組である、ラジオ『福山雅治 福のラジオ』(TOKYO FM)が放送。

福山さんは番組の中盤で「ここできちんと話さなければならないことがある」と切り出し、家族の写真が週刊誌に掲載される件について苦言を呈しました。

話題として取り上げてしまうとかえって話を広めてしまうことから、これまで福山さんはあえて話題にすることはなかったといいます。

しかし、我が子の写真が勝手に週刊誌に掲載されたことを受け、こうしてしっかりと意見を述べることにしたそうです。

『報道の自由』や『有名税』という言葉を掲げて家族を盗撮する人に対し、福山さんはこのように思いを明かしました。

「芸能人の子供だから、関心事だから掲載するんです」と。「だけどデビューしてるわけでもなんでもないから、モザイクで分からないようにしています」っていうのが1つのルールみたいになっていて。

だけど、子供が幼稚園に通っているわけですよね。で、そこを毎日通るわけですよね。毎日通るその場所で、全然知らない人が写真を撮っていると。

しかも撮った方、そしてその写真を掲載する媒体、および編集の方、さまざまな方が僕の子供の顔を知ってる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.