くらし情報『「ひそかに乗っかった?」 サイゼ新メニュー登場に、『300億の男』を連想する人続出』

2021年7月12日 16:04

「ひそかに乗っかった?」 サイゼ新メニュー登場に、『300億の男』を連想する人続出

目次

・『煉獄』といえば?
・実際はイタリア語を直訳した偶然の一致
・実際に食べてみると…
「ひそかに乗っかった?」 サイゼ新メニュー登場に、『300億の男』を連想する人続出

ファミリーレストランの『サイゼリヤ』で登場した新メニューの名前が、Twitter上で話題を呼んでいます。

商品名を見て、ある漫画に登場するキャラクターを思い浮かべた人が多いようです。

『煉獄』といえば?

話題になっているのは、2021年6月30日に登場した新メニュー『煉獄(れんごく)のたまご』。

「ひそかに乗っかった?」 サイゼ新メニュー登場に、『300億の男』を連想する人続出

『煉獄』の文字から、漫画『鬼滅の刃』に登場する、煉獄杏寿郎 (れんごく・きょうじゅろう)を連想した人がいるのではないでしょうか。

2020年10月に公開された、映画『鬼滅の刃無限列車』編にも登場しました。

公開から2か月あまりで、国内の興行収入は300億円を突破。当時、『煉獄さん300億円の男』という言葉がTwitterでトレンド入りしたほど、人気のキャラです。

同作品における興行収入はその後400億円を超え、2021年7月現在、歴代1位となっています。

商品名に対し、多くの人が「煉獄さんと関係があるの?」と興味を抱いたようです。

実際はイタリア語を直訳した偶然の一致

ですが、実際にはイタリア語の『Uovo in purgatorio』を直訳したもの。

『uovo』が『卵』、『purgatorio』は『煉獄』を意味する単語です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.