くらし情報『「がんばって」 ケガで入院したカナダガンのお見舞いにやってきたのは?』

2021年7月28日 10:48

「がんばって」 ケガで入院したカナダガンのお見舞いにやってきたのは?

Cape Wildlife Center

アメリカのマサチューセッツ州にある野生動物の保護施設『ケープ・ワイルドライフセンター』に、新規の『患者』が運び込まれました。

それは野生のカナダガン。『アーノルド』と名付けられたオスのカナダガンは、『ケープ・ワイルドライフセンター』の近くにある池で暮らしています。

アーノルドが足にケガをしていて、何度も転んでいるのを見たスタッフが心配し、捕まえて治療することにしたのです。

入院したカナダガンのお見舞いにやってきたのは?

検査の結果、アーノルドの足は2か所を骨折していて、骨が露出したままになっていました。

おそらく池を泳いでいる時に、カミツキガメかほかの動物に襲われたと思われます。

アーノルドの足を救い、生きるチャンスを与えるためには、片方の指を切断してもう片方の傷の縫合手術が必要でした。

翌朝、アーノルドの手術の準備をしていた時、医師たちは誰かがクリニックのドアを叩く音に気が付きます。

そこにいたのは、アーノルドのつがいのメスのカナダガン!

メスは、どうにかしてクリニックの中に入ろうとしていたのです。

Through sickness and health...here is your feel good story of the day Today was a first for our hospital. We often...

Posted by Cape Wildlife Center on Wednesday, July 14, 2021
Through sickness and health...here is your feel good story of the day Today was a first for our hospital. We often...

Posted by Cape Wildlife Center on Wednesday, July 14, 2021
残念ながらメスを中に招き入れることはできませんでしたが、メスに見守られてアーノルドの手術は無事に成功。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.