くらし情報『自衛隊、熱海の犠牲者に黙とう 活動終了を報告』

2021年8月1日 13:58

自衛隊、熱海の犠牲者に黙とう 活動終了を報告

※写真はイメージ

静岡県熱海市で大規模な土砂崩れが発生した、2021年7月3日。

静岡県知事の要請を受け、災害派遣活動を行っていた陸上自衛隊の第34普通科連隊が同月31日をもって活動を終了をしたことを報告しました。

行方不明者の捜索だけでなく、被災者の私物も探し出し、届ける活動にもあたっていた自衛隊。

しかし、すべての被災者の命が救われたわけではありません。

31日の活動終了日には、隊員たちがらっぱ吹奏にあわせて犠牲者の冥福を祈り、黙祷を行いました。


今回の災害により、20名を超える尊い命が奪われました(2021年7月31日時点)。

陸上自衛隊・板妻駐屯地の投稿に対し、捜索に尽力した彼らへの感謝のコメントだけでなく、改めて犠牲者を偲ぶ声も多数寄せられています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.