くらし情報『「相手のヒザが顔に『ドンっ』と…」 ラグビーの試合中受けた壮絶なケガに「聞いただけで痛そう」』

2021年8月12日 11:51

「相手のヒザが顔に『ドンっ』と…」 ラグビーの試合中受けた壮絶なケガに「聞いただけで痛そう」

※写真はイメージ

ラグビー元日本代表の斉藤祐也さんが、自身のYouTubeチャンネルで、現役時代にあったケガを振り返りました。

斉藤祐也が現役時代にしていた壮絶なケガ

ケガをしないために、斉藤さんは、「身体づくりや栄養摂取、転ばないよう身体をコントロールすることが大事」といいます。

斉藤さんは現役時代、頻繁に鼻を骨折していたそうです。

最初に鼻をケガした、当時の状況を振り返りました。


ボールを持って倒れこんで、ボールを(味方に)出す時に、相手のヒザが『ドン!』とぶつかった時に鼻が『く』の字に曲がってしまう。

格闘技でもよくありますけど、ラグビー選手もよく鼻をぶつけて骨折する選手がいます。

ラグビー元日本代表 斉藤祐也のラグビーチャンネルーより引用

通常は真っ直ぐな骨であるはずの鼻が、ぐにゃりと曲がる…考えただけで痛そうですよね。

斉藤さんは続けて、パスをして無防備だった状態で、相手選手にタックルを受けた時も振り返りました。

立ち上がるんですけど、鼻を触ってみると、鼻がない状態、ぺっちゃんこだったんですね。

ハーフタイム(試合前半と後半の間の休憩時間)だったと思うんですけど、監督に「鼻がない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.