くらし情報『前脚を失った保護犬に里親が決定 その驚きの人物とは 「涙が止まらない」』

2021年8月13日 12:10

前脚を失った保護犬に里親が決定 その驚きの人物とは 「涙が止まらない」

ivhsspca

大切な家族であるペットとの出会いは、運命といえるのではないでしょうか。

アメリカでそんなことを思わせる出来事がありました。

カリフォルニア州にある、動物保護施設『インランドヴァレー・ヒューメイン・ソサエティ』で、1匹のオス犬が保護されます。

その犬は右の前脚を骨折していて、獣医の診察の結果、前脚を切断することになったのです。

犬は順調に回復し、だんだんと3本の脚で上手に歩けるようになっていきます。

そして手術から約1か月後、犬に念願の里親が決まりました。

『インランドヴァレー・ヒューメイン・ソサエティ』は、「誰が里親になったのか、きっとあなたは信じられないでしょう」と、犬と里親の男性についてTikTokに投稿。

すると、その動画に390万件もの『いいね』が集まったのです。

@ivhs_spca
We wish them the best ##fyp ##foryou ##veteran ##animalrescue

♬ my audio yellow - ♡
犬の里親になったのは、犬と同じく右足がない男性。

男性は元軍人で、派遣先で右足を失ったのだそう。

このパーフェクトな巡り合わせに、喜びの涙を流す人が続出しました。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.