くらし情報『“授かり婚”で共働きを決意するも…義母「うちの大事な息子に!」理解のない発言が!?⇒【やりすぎかも】過干渉な女性の行動』

“授かり婚”で共働きを決意するも…義母「うちの大事な息子に!」理解のない発言が!?⇒【やりすぎかも】過干渉な女性の行動

“授かり婚”で共働きを決意するも…義母「うちの大事な息子に!」理解のない発言が!?⇒【やりすぎかも】過干渉な女性の行動

結婚生活の中で、義母と良好な関係を築くことは難しいこともあります。今回は、過干渉な義母の特徴と、上手な対処法について紹介します。SNSでの過剰なチェックSNSは私たちの日々を簡単に共有できるツールですが、義母から過剰なコメントやリアクションがあると監視されているように感じることもあります。ある程度の距離を保ちつつ、投稿内容には家庭の愚痴などを書かないほうがよいでしょう。連絡の多さと介入義母とコミュニケーションをとることは大切ですが、日常生活で過度に連絡がきたり、口をはさんでくればストレスに感じることも。自分の意見はしっかりと伝え、必要に応じてパートナーに協力を求めましょう。無断での訪問家族との距離感は人それぞれですが「たまたま近くにいたから」といった突然の訪問には戸惑うこともあります。事前に連絡してもらうなど、訪問時のマナーについて話し合うとよいでしょう。
過干渉から解放されるために
“授かり婚”で共働きを決意するも…義母「うちの大事な息子に!」理解のない発言が!?⇒【やりすぎかも】過干渉な女性の行動
「授かり婚だった私たちは、夫婦で共働きを決意。家事もお互いに分担していたのですが…それを知った義母は「大事な息子になにさせてんの!」と大激怒。理解のない発言に困惑してしまいました…。」(30代女性)義母と適切な距離感を保つことは、幸せな結婚生活につながります。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.