くらし情報『赤江珠緒語る過去 スパルタ親への感謝、面接では“下ネタ”を』

2018年9月22日 16:00

赤江珠緒語る過去 スパルタ親への感謝、面接では“下ネタ”を

赤江珠緒語る過去 スパルタ親への感謝、面接では“下ネタ”を


TBSラジオ『赤江珠緒たまむすび』(毎週月〜木・午後1時〜)のパーソナリティを務めるフリーアナウンサー・赤江珠緒さん(43)。100期以上連続で、聴取率1位を独走中のTBSラジオのなかでも、『たまむすび』は高聴取率ランキングの常連。

『スーパーモーニング』や『モーニングバード』(各テレビ朝日系)で朝の顔だった赤江さんが、この看板番組を任されたのは’12年4月のことだった。以来、5年間パーソナリティを務めたが、昨年出産のために降板。今年4月、復帰している。

赤江さんは、’75年1月9日、兵庫県明石市に生まれた。

「やんちゃで、いらんことばっかりする子でしたね。2歳上に姉、4学年下に弟がいますが、私がいちばん怒られている感じでした」

銀行員の父(71)と専業主婦の母(70)の教育は、厳しかった。

「両親は男の子が欲しかったようで、最初に父が買ってくれたのはグローブです。女の子扱いをせず、一人の人間として教育するという方針でした。小学校1年の姉が『泳げない』と言ったときは、山奥のプールに放り込んだりして。私も『汚ないなぁ』と思いつつ放り込まれて、見ればアメンボが浮いていて……」

両親の少し古風なスパルタ教育も、彼女のなかでは懐かしく温かい記憶として残っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.