くらし情報『ボーダーは1千万!?資産が少ない人はメガバンクに預けるな』

2018年10月3日 11:00

ボーダーは1千万!?資産が少ない人はメガバンクに預けるな

ボーダーは1千万!?資産が少ない人はメガバンクに預けるな


預けていても、ほとんどお金が増えないのに手数料ばかり取られる。そんなあなたは、選ぶべき金融機関が間違っているのかも。じつは住む地域やライフスタイルによって選ぶべき金融機関は異なってくる。

大都市に住んでいる人の多くは、3メガバンク(三井住友、三菱UFJ、みずほ)に口座を持っていることが多いが……。「今後は店舗の統廃合が進み、専用ATM(現金自動預払機)の数も減らされていく」と、税理士の眞喜屋朱里さんは警鐘を鳴らす。

「最近、都心のあるオフィス街にあったメガバンクの支店が、1階の路面店から、同じビルの2階の目立たない場所に移動し、看板も小さくしていました。いまは多くの客を店舗に招き入れるのではなく、必要な人だけに来てもらう。つまり富裕層の顧客しか相手にしないスタイルに舵を切っているのです」

金融機関によって詳細は異なるが、預金額1,000万円以上になると、コンビニを含むすべてのATMでの各種手数料が完全に無料になるほか、金利の優遇などの優待措置を受けられる場合が多い。預金額が1,000万円以上ある人は、今後ATMや窓口が減らされても、大きな不利益を被ることはないだろう。さらに、経済評論家の加谷珪一さんはこうアドバイスをする。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.