くらし情報『岡田准一“鬼パパ”なる決意、背景に厳しかった母への感謝』

2018年10月24日 16:00

岡田准一“鬼パパ”なる決意、背景に厳しかった母への感謝

岡田准一“鬼パパ”なる決意、背景に厳しかった母への感謝


《母子ともに健康です。産声を聞いたときは、『生きる!』という強い力と、人生が始まる尊さを感じました》

こう喜びをつづったのは、V6岡田准一(37)。10月16日、岡田は妻・宮崎あおい(32)との連名でコメントを発表。夫婦にとって初となる、長男の誕生を報告した。

岡田といえば、現在公開中の映画「散り椿」が評判を呼んでいる。その原動力となっているのが、見事なまでの殺陣だ。

木村大作監督(79)も『三船敏郎を上回る!』と大絶賛していますが、それもそのはず。岡田さんは『USA脩斗』『ジークンドー』『カリ』など格闘技インストラクター資格を持っていて、アクションシーンはお手のもの。芸能界でも彼に格闘技を習う人が多く、“岡田道場”と呼ばれています。西島秀俊さん(47)や生田斗真さん(34)などにも指導を行っており、ともに鍛錬を重ねているそうです」(映画関係者)

07年から放送されたドラマ「SP警視庁警備部警護課第四係」(フジテレビ系)の出演をきっかけに、格闘技にのめり込んだという岡田。最近では刀鍛冶にもハマるなど、どんどんストイック路線を追求している。そんな彼は、パパになったことで“ある計画”を立てていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.