くらし情報『ハズキルーペ・松村会長が語る「渡辺謙さんを殿様にする案が」』

2018年11月16日 06:00

ハズキルーペ・松村会長が語る「渡辺謙さんを殿様にする案が」

ハズキルーペの斬新なところは、菊川や武井などを起用して、広い世代にアピール。新たな需要を掘り起こしたところだ。

松村会長は、渡辺謙を起用したCMの裏話をこう明かす。

「当初、大手広告代理店に“怒り”をテーマにしたCMと注文したんです。ところが、プレゼンに出てきたのが、渡辺謙さん扮するお殿様に、ザビエルみたいな宣教師が、座布団の上にのせたハズキルーペを献上するという内容で(笑)。全然“怒り”になっていないと、新たに作り替えを指示しました。でも、それも従来のスタイルから変わっていなくて、仕方なく私がセリフもすべて書き換えました」

宣伝広告費に100億円以上を投じたというが、これだけお金をかけるのは、松村会長が商品にニーズがあると確信していたからだ。

「タカラトミーから買収した5社のうち1社が30年前から販売していたものを、富士通から買収した神田通信工業でデザイン、レンズを改良しました。それを10年前からハズキルーペとして販売を開始しました」
その後も軽量化、強度化(耐荷重100キロ)、カラーバリエーション(8色)を増やすなど改良を重ねて、大ヒットにつながった。

「独創的なマーケティング力と、大量生産技術を確立したからこそ、今があるのだと思います。来年からのCMもすごい人が出るので、楽しみにしてください」

ハズキルーペの躍進は止まらない!?

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.