くらし情報『西村知美が明かす“母との確執”、出産を機に母の素顔知る』

2018年11月16日 11:00

西村知美が明かす“母との確執”、出産を機に母の素顔知る

西村知美が明かす“母との確執”、出産を機に母の素顔知る


目標であり、ライバルであり、反面教師であり――。さまざまな親子のカタチがあるけれど、自分の人生は“母から自立できたとき”に始まります。そんな母と娘の関係について話を聞きました。題して「“母”が歩いた道、私が歩く道」。

「うちの母は、ずっと共働きで事務の仕事をしていて、家庭にいる時間が少なかったせいもあり、私は幼いころからコミュニケーションを取れずに反発していました」

自らを“父親っ子”という西村知美さん(47)は、実母の綾子さん(74)との間に長い確執があったと打ち明ける。

「母は、まず料理が下手。おかげで私は食も細かったし、いわゆる“お袋の味”もない。10代になると、食事のときの母の食べ方までイヤで、『私のほうを見ないで』と、行動のすべてを否定していました。おまけに母は、私たち子どもより早く寝ちゃうんです」

中学時代のこと、激しい言い争いになり、母に平手打ちされた。とっさに言い返す西村さん。

「私は、あなたみたいな母親には絶対にならない!」

もっとひどい仕打ちがかえってくると構えていたが、意外にも母は冷静な表情でつぶやいた。

「今、言った言葉を覚えておいて。将来、同じことを、あなたも自分の子どもから言われるから」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.