くらし情報『橋下徹、でんじろう先生が最高額!?「講演価格」の秘密を明かす』

2018年11月26日 11:00

橋下徹、でんじろう先生が最高額!?「講演価格」の秘密を明かす

150万円以上
林修
池上彰

■「関脇」150万円前後
羽生善治
東国原英夫
野村克也

■「小結」100万~150万円
茂木健一郎
竹中平蔵
澤口俊之

■「前頭」100万円前後
コウケンテツ
森永卓郎
陳建一
渡部陽一

「200万円以上」を誇る両横綱が橋下徹(49)と坂上忍(51)だ。

「橋下さんは別格。さまざまな業種の企業からオファーが絶えず、会場は最大1,500人規模まで。企業の場合、テーマは『ビジネス戦略』が多く、話術の巧みさに加え、経営サイドからは“あの橋下さんがわが社に来た”と社員全体のモチベーションUPにもつながると好評です。青年会議所の場合、おもなテーマは『地域貢献』『町おこし』。パワーポイントで事例を見せながら説明されますし、実績があるので説得力があります」

坂上忍も近年、ギャラが高騰しているという。

「坂上さんは本当に忙しい。彼の場合、食事付きの“トークショー”イベントになることが多いです」
米村でんじろう(63)も最高ランクだが――。

「でんじろう先生は文化会館やホールでやることが多いです。ホテルだと実験しづらいからでしょうね。多数の実験機材が必要で、人員も多くかかるのでギャラが自然と高くなってしまうんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.