くらし情報『爆笑問題「狙いは“あの枠”……BPOに頑張ってもらって」』

2018年12月6日 11:00

爆笑問題「狙いは“あの枠”……BPOに頑張ってもらって」

爆笑問題「狙いは“あの枠”……BPOに頑張ってもらって」


今年、結成30周年を迎えた爆笑問題。本誌が初めて2人を取材したのはベストセラー『爆笑問題の日本原論』が出版された、’97年だった。そこで、30年を振り返ってもらうと、やっぱり得意の時事ネタがさく裂して……!?

田中裕二(53・以下、田中)「『女性自身』は60年!還暦だ」

太田光(53・以下、太田)「老舗だよね。女の人の噂好きは許せるけど、男の噂好きほどみっともないのはないね。女性週刊誌は美容室には欠かせないから、美容室があるかぎり、『女性自身』は不滅だね」

■人生半分以上爆笑問題……30周年は「実感がない」

田中「人生の半分以上が爆笑問題ですからね。あっという間に過ぎちゃって、実感がないというか」

太田「最初はライブハウスから始まって。僕らはお笑いのエリートではなかったので、テレビにラジオ、漫才、コントをやったり、本も出したり、たくさんのことをやってきて、その分いろいろな経験ができたな、と思います」

――本誌初登場は’97年でした。『ボキャ天』(『ボキャブラ天国』)ブーム真っただ中でしたよね。

田中「ネプチューンや海砂利水魚(現・くりぃむしちゅー

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.