くらし情報『俳優・新納慎也が明かす「香取慎吾は天才タイプの役者です!」』

2018年12月10日 06:00

俳優・新納慎也が明かす「香取慎吾は天才タイプの役者です!」

俳優・新納慎也が明かす「香取慎吾は天才タイプの役者です!」


「僕が歌っている後ろで、中井(貴一)さん、香取(慎吾)さんがバックコーラスとして歌ったり踊ったりするんです。もう恐れ多くて」

そう語るのは、三谷幸喜の最新舞台『日本の歴史』(世田谷パブリックシアターにて12月4~28日まで。大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティにて’19年1月6~13日まで)に出演する新納慎也(43)。「卑弥呼の時代から太平洋戦争までを2時間半でまとめる」という、仰天ミュージカルだ。

三谷作品には、’07年から出演している新納。’16年大河ドラマ『真田丸』で演じたちょっとダメなお坊ちゃま、豊臣秀次役が話題となったが、個性的な存在感からミュージカル界の異端児として20年活躍している実力派である。三谷作品といえば、台本の上がりが遅いことでも有名だが、今回は違ったようで……。

「今回、初めて台本が製本されてきました。ビックリでしたね。三谷さんの気合が違うのかな、と。でも、最初は台本を読んでも内容はうまく説明ができない複雑さだし、どんな仕上がりになるか、まったく想像がつきませんでした」(新納・以下同)

登場人物は約50人。それを総勢7人のキャストによって演じ分けるのだが、通し稽古をやるうちに、物語の奥深さに気づかされたそう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.