くらし情報『THE RAMPAGEが語るEXILE TRIBEでの立ち位置とは』

2019年1月30日 16:00

THE RAMPAGEが語るEXILE TRIBEでの立ち位置とは

THE RAMPAGEが語るEXILE TRIBEでの立ち位置とは


ボーカル3人、パフォーマー13人の計16人。EXILE TRIBE若手グループ「THE RAMPAGE」。’19年第1弾となる7枚目のシングル『THROW YA FIST』を1月30日にリリース、2月には初の全国アリーナツアーがスタートと、デビュー3年目を迎えて勢いづく彼ら。

そこで女性自身WEB版では、リーダーのLIKIYAと陣、そしてボーカルのRIKU、川村壱馬、吉野北人の5人をインタビュー。新曲の聴きどころやアリーナツアーへの意気込み、’19年の目標について語ってもらいました。

THE RAMPAGE インタビュー〔その3〕】

──今回のシングルの収録曲『Starlight』は、自身初のドラマタイアップ曲に決まりました。やはり気分的にも、ドラマのエンディグテーマになるというのは違うものですか?

RIKU「めちゃめちゃうれしいです」

川村壱馬「昔、自分が『花より男子』を見ていたとき、宇多田ヒカルさんの歌が毎回エンディングで流れて、そのインパクトがめっちゃ強かったんです。いまでも好きですし。やっぱりそういう曲になり得る可能性もあるということを考えたらうれしいですよね」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.