くらし情報『節分は大開運の時期!2月3日の「朝と昼」にやっておきたい習慣』

2019年2月2日 11:00

節分は大開運の時期!2月3日の「朝と昼」にやっておきたい習慣

節分は大開運の時期!2月3日の「朝と昼」にやっておきたい習慣


「節分は、恵方巻を食べ、豆まきを行うだけの日になっていませんか?それではもったいない!その昔、立春を1年のはじまりとしていたことから『立春=元日』、その前日である『節分=大みそか』と考えることができ、運気の大きな変わり目でもあるのです。この2日間をどう過ごすかで、この先1年の開運度がまったく違いますよ」

そう語るのは、開運ライフスタイルアドバイザーの愛新覚羅ゆうはんさん。

「“寒さも極まると暖に転じる”ように、立春は昨日までの寒い冬から一転、人生を切り替える分岐点であり、たくわえてきたエネルギーが芽吹く出発点です。この素晴らしい運気を呼び込むためには、まず前日の節分に、この1年にたまった心身の老廃物を洗い流し、まっさらにしておく必要があります。これがとても大事」

そこで、2月3日の「朝と昼」にやっておきたい5つの開運行動を愛新覚羅ゆうはんさんが教えてくれた。

【朝】換気とそうじをする

1)すべての窓、引出しを開ける

太陽が昇ったら家じゅうの窓を20分ほど開け、悪く滞った気をすべて外へと逃がして屋内をデトックスする。クローゼットや引出し類もいったんすべて開放するのがおすすめ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.