くらし情報『いだてん 秘策はチコちゃん!低迷V字回復案として白羽の矢』

2019年2月20日 06:00

いだてん 秘策はチコちゃん!低迷V字回復案として白羽の矢

いだてん 秘策はチコちゃん!低迷V字回復案として白羽の矢


「放送開始前から『(視聴率)10%を切らないように』と上層部からハッパをかけられていましたが、2月での一桁は完全に想定外です。すでに20話ほど撮り終え、編集作業も進んでいるため前半戦での大幅な軌道修正はできないのが現状です」(NHK関係者)

中村勘九郎(37)と阿部サダヲ(48)がW主演を務める大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』が低迷している。初回視聴率では、歴代ワースト3位となる15.5%を記録。その後も視聴率は下がり続け、2月10日の第6話では、9.9%と大河史上最速で一桁台を記録してしまった。 17日の第7話も失速止まらず9.5%だった。

2月13日のNHKの定例会見では、木田幸紀放送総局長も大河ドラマの不振についてこう語っている。

「ついていけないとか、わかりにくいという意見も確かにいろんなところで聞いています」

厳しい評価を耳にしていることを明らかに。低迷の理由について別のNHK関係者はこう明かす。

「主人公・金栗四三の知名度の低さに加え、古今亭志ん生役とナレーションを担当しているビートたけしさん(72)の語りの聞きづらさなども一因に挙げられています。ただいちばんの原因は明治と昭和の時代を行き来する、今作のストーリー展開でしょう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.