くらし情報『少年隊にA.B.C-Zも…ファン引き付けるジャニーズ振付の秘訣』

2019年3月6日 14:00

少年隊にA.B.C-Zも…ファン引き付けるジャニーズ振付の秘訣

少年隊にA.B.C-Zも…ファン引き付けるジャニーズ振付の秘訣


「動」の中に、どう「静」を取り入れるか――。

2月24日、25日の2日間に渡り、東京・南青山のスパイラルホールで日本舞踊の梅津貴昶、バレエの首藤康之、ヒップホップのTAKAHIROという異なる分野で“踊り”を職業としている3人が、トークショー「天才の舞台裏」を開催した。

「振り付ける舞台裏」をテーマにした25日、欅坂46やA.B.C-Z 、超特急などの振付をしているTAKAHIROはこう語った。

「一番憧れるのは、静寂の時を使える振付師の方です。作っていく途中には、どんどん足したくなってしまいます。音を聞けば、その音(の振付)を足したくなる。だけども、一番強い振付は何もしない瞬間をどう作るか」

TAKAHIROはA.B.C-Z『テレパシーOne! Two!』のミュージックビデオで途中、横に並んだ5人が一瞬止まった後にウェーブを作る動きを取り入れている。A.B.C-Zの先輩である少年隊の東山紀之は、書籍『天才の背中』(光文社)で梅津貴昶と対談。1990年の舞台『なれそめ』で初めて指導を受けてから親交を深めている東山は、国立能楽堂で行なわれた梅津の『道成寺』の乱拍子を見た時、踊りへの価値観が変わったようだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.