くらし情報『錦戸亮が見せた迫真の演技に絶賛の嵐 激動の「トレース」9話』

2019年3月6日 16:22

錦戸亮が見せた迫真の演技に絶賛の嵐 激動の「トレース」9話

錦戸亮が見せた迫真の演技に絶賛の嵐 激動の「トレース」9話


3月4日、錦戸亮(34)主演ドラマ『トレース~科捜研の男~』(フジテレビ系)の第9話が放送された。科捜研の法医研究員・真野礼二(錦戸)と新人研究員・沢口ノンナ(新木優子)が、捜査一課の虎丸良平(船越英一郎)と共に事件の“トレース”(痕跡)から真相を追求するドラマ。

あるアパートで殺害事件が発生した。現場の痕跡から、被害者・胡桃沢綾乃(美山加恋)の元恋人である富樫康太(和田正人)が被疑者として浮上する。

脅していた暴力団員を恐怖のあまり殺害し、7年間服役して仮出所したばかりだった富樫。7年前の事件担当だった虎丸は富樫を信じようとするが、冷静な判断ができないとして捜査から外されてしまう。

諦めきれない虎丸は、真野に頭を下げ真相を究明していく。そのいっぽうで真野が25年前の武蔵野一家殺人事件を追っていることに気づいたノンノが……というのが9話のあらすじ。

今回視聴者を釘付けにしたのが、錦戸の演技だろう。綾乃を殺したと思い込んでいる暴力団に「これから復讐をする」と電話で告げる富樫。虎丸は必死に説得。そして電話を代わった真野は「復讐したいなら好きにすればいい」と言うが、同時に「そのヤクザが犯人だという証拠はあるのか?根拠がなければあなたは罪もない人間の命を奪うことになる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.