くらし情報『ドラマ史に残る菅田将暉の“最後の授業”大団円の「3年A組」』

2019年3月12日 16:00

ドラマ史に残る菅田将暉の“最後の授業”大団円の「3年A組」

ドラマ史に残る菅田将暉の“最後の授業”大団円の「3年A組」


3月10日、菅田将暉(25)主演ドラマ『3年A組―今から皆さん、人質です―』(日本テレビ系)。数カ月前に自殺したクラスメイトの景山澪奈上白石萌歌)の真相を明らかにするべく、菅田演じる柊一颯が生徒29人に対して10日間の“最後の授業”を行うドラマ。ついに最終日を迎えることとなった。

9話の最後で警察に撃たれたが、防弾チョッキにより難を逃れていた柊。立ち上がった柊は警察と報道陣に「明日の朝8時にSNSのライブ中継で全ての真相を話す」と告げる。いっぽう「私が澪奈を殺した」とクラスメートに告白した茅野さくら永野芽郁)は、真相を語り始める。そして迎えた朝8時。本当に茅野が殺したのか、そして柊が真に伝えたかったこととは……というのが最終話のあらすじ。

今回の見どころはなんといっても柊による最後の授業だろう。景山が屋上から飛び降りたのは、ネット上の誹謗中傷で幻聴や幻覚を感じるようになってしまっていたからだった。景山を殺した真犯人は、SNSで無根拠に人を叩く国民だったのだ。柊がフェイク動画や誤情報をSNSにばら撒いて、撹乱したのは全てこのため。

事実を確かめることなくその都度意見を変えるネット住民に、柊は「お前たちはこの10日間でどれだけ自分の意見を変えた?信憑性のない情報を頼りにどれだけ心ない言葉をネットで浴びせた」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.