くらし情報『北川景子との別れを惜しむ声が続出「家売るオンナ」最終回』

2019年3月16日 11:00

北川景子との別れを惜しむ声が続出「家売るオンナ」最終回

北川景子との別れを惜しむ声が続出「家売るオンナ」最終回


北川景子(32)主演の連続テレビドラマ『家売るオンナの逆襲』(日本テレビ系)最終話が3月13日に放送された。テーコー不動産に勤める天才的不動産屋・三軒家万智(北川景子)は「私に売れない家はない」と家を売るために手段を選ばない。どんなワケあり客にも家を売る。ついに最終回を迎える。

留守堂(松田翔太)が姿を消してから1年……。その頃新宿営業所は新興の外資系会社・リッチブラスト不動産によって業績が悪化。他営業所へ吸収合併される危機を迎えていた。形勢逆転すべく大型集合住宅「新宿ガーデンハイツ」を買い取る一大プロジェクトを掲げる万智だが、リッチブラスト不動産のCOOに就任した留守堂が万智へ立ちはだかる……というのが今回のあらすじ。

一貫して家を通して、社会と向き合ってきた本作。最終回で描きたかったのは、老後の生き方についてだろう。集団住宅から立ち退きに反対する老兄弟・藤見明笹野高史)と譲(本田博太郎)だが、かつては一世を風靡した7人組の大人気コミックマジシャングループ「マジック7」の一だった。しかしあるミスをきっかけに干され、くすぶり続けていた。

そこで万智は、集合住宅の側にある保育園を「マジック7保育園」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.