くらし情報『ドリカムが30周年!結成当初に訪れていた“運命の分岐点”』

2019年3月21日 22:22

ドリカムが30周年!結成当初に訪れていた“運命の分岐点”

ドリカムが30周年!結成当初に訪れていた“運命の分岐点”


DREAMS COME TRUEが3月21日で、CDデビュー30周年を迎えた。長く愛されるバンドの記念日に、ネットでは祝福の声が相次いでいる。

89年3月21日にシングル「あなたに会いたくて」とアルバム「DREAMS COME TRUE」を同時発売し、デビューを果たしたドリカム。メンバーである中村正人(60)はデビュー30周年の当日にブログを更新し、思いをつづった。

3人組ユニットだった当時の写真をアップした中村は「やっとデビューできた時の言葉では表せなかった気持ち。それから30年間のうれしい気持ち。苦しい気持ち。たのしい気持ち。悲しい気持ち。大好きな気持ち。大嫌いな気持ち。今日を迎えて、やっぱり言葉では表せない気持ち。そんないろんな気持ち達を全ていったん受け入れ天に昇らせよう」とつづり、「確かなのは、俺たちの音楽に触れてくれた人々への、関わってくれたスタッフへの、どんな時も支えてくれた家族への、感謝の気持ち」と明かした。

ドリカムは同日、朝日新聞と読売新聞に記念広告を掲載。さらに4年に1度開催されるイベント「ドリカムワンダーランド」の日程やそのスピンオフイベントの開催を発表し、記念日を盛り上げた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.