くらし情報『菅官房長官 ひと目ぼれで結婚…令和おじさんの意外すぎる半生』

2019年4月11日 11:00

菅官房長官 ひと目ぼれで結婚…令和おじさんの意外すぎる半生

(写真:アフロ)

(写真:アフロ)



「(新元号発表には)ずいぶん慎重になっていました。決定する過程において、できるだけその話題には触れないようにしていましたよ。緊張していたと思います」

そう話すのは、新元号・令和を発表した菅義偉内閣官房長官(70)の小中高の同級生で、湯沢市議を務めた由利昌司氏。

いまや「令和おじさん」とも呼ばれる注目度を誇るが、プライベートを積極的に語ることもなく、仕事では黒子に徹する彼の出身は秋田県湯沢市だ。67年3月、18歳の菅青年は集団就職列車に乗って上京。彼はインタビューで当時をこう振り返っている。

《農家の長男だから農業を継がなければならない。とにかく田舎から逃げ出したい、その一心。家出同然だった》『FLASH』13年10月1日号)

上京後、東京都板橋区の段ボール工場に勤務するが、数カ月で退社。朝は築地市場で働き、夜は新宿で皿洗い。その合間に勉強を続け、法政大学法学部に入学。在学中はガードマンやカレー店などのバイトで生活費と学費を稼いだ。

「卒業後、電気設備会社に就職しますが、『人生は一回きりだから自分の思うように生きたい』と思い直し、政治の世界に入ることに決めたそうです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.