くらし情報『吹き荒れるクイーン旋風 来年1月来日公演で莫大な経済効果か』

2019年4月18日 22:08

吹き荒れるクイーン旋風 来年1月来日公演で莫大な経済効果か

吹き荒れるクイーン旋風 来年1月来日公演で莫大な経済効果か


英ロックバンド・クイーンが来年1月に約3年4カ月ぶり来日ツアーを行うと、一部スポーツ紙が報じた。

記事によると、公開中の映画「ボヘミアン・ラプソディ」のロングヒットを受けて来日公演が決定。今回はボーカリストに米歌手アダム・ランバート(37)を迎え、「クイーン+アダム・ランバート」とし、バンド史上最大規模の日本公演「ラプソディ・ツアー」を開催。京セラドーム大阪とナゴヤドームなどで4公演が予定されているというが、ドーム公演は05年以来15年ぶりだという。

「『ボヘミアン・ラプソディ』は興行収入125億円を突破するという、関係者の予想を大幅に上回るヒットだったようです。91年に45歳の若さで急逝したフレディ・マーキュリーの生前を知らない若い世代も劇場に運んでおり、リピーターになる人も多いようです。そうした若年層へのアプローチが勝因となったようです」(映画業界関係者)

今月17日にBlu-ray&DVDが発売されたが、この日は1975年にクイーンが初来日したことを記念して制定された「クイーンの日」でもあった。同日、都内で行われた同作の上映会は大盛況だったという。

またフレディ・マーキュリーのドキュメンタリー番組「フレディ・マーキュリーアントールド・ストーリー」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.