くらし情報『きのう何食べた?食卓に影響 3話のトマト煮再現する人が続出』

2019年4月23日 18:51

きのう何食べた?食卓に影響 3話のトマト煮再現する人が続出

きのう何食べた?食卓に影響 3話のトマト煮再現する人が続出


西島秀俊(48)と内野聖陽(50)のダブル主演ドラマ『きのう何食べた?』(テレビ東京系)第3話が4月19日に放送された。その中で出てきたトマト煮を再現する人が続出するなど、ドラマが食卓に大きな影響を与えている。

几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)と人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)が2LDKのアパートで暮らす日々を描いたドラマ。

史郎は定時に事務所を出てスーパーへと向かい、お買い得な食材を調達する。月の食費を2万5千円以内で抑えながら、手早く食事を作るというまるで共働きの主婦のようだ。

ご近所で料理仲間の富永佳代子田中美佐子・59)とともに、安く手に入れたキャベツでコールスローを作ることに。並んで手際よく千切りをしながら、史郎は家族のカタチや距離感について相談する。

そして、お待ちかねの史郎が料理を作るシーン。今夜のメインは鶏もも肉のトマト煮込み。軽快なBGMをバックに解説付き。こんがりと肉が焼きあがる音や、くつくつと煮える音は食欲をそそる。放送時間が夜0時12分とあって、視聴者の空腹感を刺激する。

さらにフライパン1つで出来上がる時短料理は、忙しい今の視聴者にもっとも求められている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.