くらし情報『林眞須美死刑囚の長男「母を見殺しにして幸せになれるか」』

2019年4月25日 06:00

林眞須美死刑囚の長男「母を見殺しにして幸せになれるか」

なぜ、話したの」と激しく彼を責めた。

信一さんは、決して衝動的な行動ではなかったと、2年前の決断をふり返る。

「事件から逃げることは可能だと思った。でも、そうすれば、母親がやったんだと、僕自身が認めたことにもつながる。和歌山を離れ、彼女と結婚して、新たな生活を始める。それが、母を見殺しにするような気もして」

家族は、今も母親の無実を信じている。しかし、最高裁判決が出た直後、長女は父親の健治さんにこう漏らした。

「泥船に乗った林家の6人のうち、1人を船に残せば、あとの5人は助けてやると言われたような気分」

泥船に残す1人とは、もちろん林死刑囚を指す。昨年の面会時、信一さんに、その母が言った。

「事件から離れて、自由に生きなさい」

信一さんは答えた。

「離れて自由にと言うけれど、そう簡単にはいかないんだよ」

姉や妹にも、母は同じ言葉を伝えていた。姉は長男に言った。

「お前も気をつけなさい。深入りすると、人生が台無しになるよ」

信一さんは、自問自答する。事件から離れ、違う世界で別人として生きて、本当に幸せなのか。

「ずっと考えてきたけれど、答えが出せない」

だから、息子として、どうしても母に確かめたかったのだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.