くらし情報『「結婚できない男」13年ぶり続編で気になる“再放送問題”』

2019年4月26日 16:00

「結婚できない男」13年ぶり続編で気になる“再放送問題”

「結婚できない男」13年ぶり続編で気になる“再放送問題”


阿部寛(54)が06年に主演を務めたフジテレビ系ドラマ「結婚できない男」。その続編が10月から連続ドラマとして13年ぶりに復活することを、一部スポーツ紙が報じた。

偏屈で独善的で皮肉を言うものの、どこか憎めない40独身の建築家・桑野信介(阿部)が女性との出会いをきっかけに恋愛を意識。結婚を真摯(しんし)に考えるまでの日常がコミカルに描かれた作品。当時の平均視聴率17.12%で、最終回は22.0%を記録した。

「一人焼き肉やクラシック音楽を大音量で楽しむなど、阿部さんが持ち前の演技力でコミカルに主人公を熱演。それが大当たりして、ドラマが放送されるや人気沸騰。アラフォーの独身男性たちのライフスタイルがメディアで特集されるなど、話題になりました」(テレビ誌記者)

記事によると今作は前作から13年後が舞台。偏屈さに磨きがかかり現在も独身を謳歌する53歳の桑野が、偶然女性たちと出会っていくことで運命の歯車が大きく動き始めるという。今作も大いに話題となりそうだが、そこで気になるのが“再放送問題”だ。

「ドラマの続編が放送される場合、番宣をかねて前作も放送されることが慣例となっています。ただ2月に新井浩文被告(40)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.