くらし情報『倍賞千恵子と熟年夫婦役―藤竜也「映画は僕がモデルのようなもの」』

2019年5月13日 06:00

倍賞千恵子と熟年夫婦役―藤竜也「映画は僕がモデルのようなもの」

倍賞千恵子と熟年夫婦役―藤竜也「映画は僕がモデルのようなもの」


「夫婦というのはもともと同一の自我ではないから、お互いにメンテナンスしていかないと。あとやっぱり、根底に惚れている気持ちがあることがいちばん大事ですね」

そう語るのは、熟年夫婦のすれ違いを描く新作映画『初恋~お父さん、チビがいなくなりました』(5月10日より全国ロードショー)で、無口でぶっきらぼうな夫・武井勝を演じた藤竜也(77)。本作同様、プライベートでも結婚生活50年となる自分に重なるという。

「傲岸不遜なところを除いて、僕がモデルのようなものです。男ってね、日常のたわいのない話をしない。へたにしゃべってやぶ蛇になる可能性もあるから。でも、勝のように靴下を脱がしてもらうようなことはしません。あのシーンは抵抗ありましたね、やりながら動揺していました」

亭主関白な夫に明るく尽くしながらも、自分は本当に愛されているのだろうか。そんな不安を抱えた妻・有喜子役は倍賞千恵子(77)。28年ぶりの共演となるが、プライベートでも家族ぐるみで親しい仲。

「彼女が相手役なのは最高によかった。撮影現場のセットにいても自分の妻と同じ感じなんです(笑)」

その妻は、日活の黄金期に活躍した元女優の芦川いづみ(83)。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.