くらし情報『令和にママになった女性語る「幸せのなかでも保育園に不安が」』

2019年5月16日 16:00

令和にママになった女性語る「幸せのなかでも保育園に不安が」

令和にママになった女性語る「幸せのなかでも保育園に不安が」


「せっかくだから5月に入ってから生まれてくれたらいいな、と思っていました。少し小さめで生まれたけど、元気で安心しました」

声をはずませ、そう話すのは、5月3日に2,474グラムの次女を出産した倉田恵利華さん(31・神奈川県在住・介護士)。

元号が令和に改まった5月、各地でたくさんの“令和ベビー”が産声を上げた。芸能界では、上地雄輔(40)の第2子が5月1日に誕生。海外では5月6日にイギリスのヘンリー王子とメーガン妃に第1子が誕生した。

そこで本誌は、令和元年に出産予定の女性30人に緊急アンケートを実施。新時代“令和”への期待と不安を聞いた。

「とにかく思いやりのある子に育ってほしい。それだけです。2年前に、今の夫の子どもを流産して、やっと授かった命だから」

冒頭の倉田さんは、7年前、24歳で長女を出産したが、当時の夫とは、ほどなくして離婚。その後、高校時代の同級生だった現在の夫と再会し、3年前に再婚した。

「今の夫は子煩悩で長女のこともすごくかわいがってくれます。長女も、妹ができるのをすごく楽しみにしてくれて」

幸せいっぱいだが、1年後のことを考えると不安がよぎる。

「育休を1年取ったら、子どもを保育所に預けて介護士に復帰したいんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.